So-net無料ブログ作成
検索選択

姫路城へ…②「本場の明石焼き」 [旅]

前回予告した通り、今日は明石での出来事のパートⅡを綴りますね…。


明石と言えば、昔から有名なのが明石焼き[exclamation×2]

別名「玉子焼き」とも言いますが、決してたこ焼きではありませんよ(笑)。

やはり明石に来たら、本場の味に触れないわけにはいきません。

そこで、駅から10分くらいのところにある「魚の棚商店街」に足を運びました。

魚の棚商店街.jpg

魚の棚商店街②.jpg

[雨]の夕方前だったので人気はまばらですが、

街の商店街ってテンションあがり[グッド(上向き矢印)]ますよね…。

こうやって商店街をブラブラ[足]するのは、

その土地の息吹を直接味わえる何よりの手段です。

それに何と言ってもここは、有名な明石の鯛とタコの本場[exclamation×2]

さ~て、どんな食材に出会えるやら…?

明石のタコ.jpg

ヤバ~い[たらーっ(汗)]。 コレでしょ、コレ[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]

まさに明石のタコです[exclamation×2]

もうヨダレがじゅるじゅる~。

タコもイカも貝も、良いお味でと~ても美味しかった[揺れるハート]

食材を買いこんで、宿で美味しく頂きました[キスマーク]

ここには載せませんが、穴子の一本天ぷらも絶品でした。

実は、穴子も名物[ぴかぴか(新しい)]なんですよ~。 

「せっかくだから、老舗の明石焼きを食べたい!」

と思って選んだのが、「よこ井」です。

明石焼き「よこ井」.jpg

創業昭和27年の老舗の本場の明石焼きがコチラ。

明石焼き.jpg

かつてからほとんど変わっていないその味は、とっても優しい…[わーい(嬉しい顔)]

そして、玉子のフワッフワ感と、濃厚さが絶妙の逸品[ぴかぴか(新しい)]でした。

もちろん、タコのアクセントも見事[exclamation×2]

素朴で飾り気がないんですけど、味は真実一点!


このお店の特徴は、やはり出汁ではないでしょうか?

よし井の明石焼き.jpg

この瓶に入っているのが、魔法のつけ汁です。

一瞬、「お酢をかけて食べるのか…?」

なんて思ったんですけど、少し舐めてみると、

コレがいい味出してるんですよね~。 [手(チョキ)][もうやだ~(悲しい顔)](旨すぎて泣ける…!)

凄く薄いんですけど、しっかりとほのかによい出汁の旨さがあるんです。

あえて温かい[いい気分(温泉)]出汁を出さないのも、このお店のこだわり[パンチ]

…それは、アツアツの明石焼きを食べて、やけどしないようにとの心遣い[黒ハート]

アツアツの明石焼きに、冷たくほどよい旨みの効いた出し汁。

さすがに老舗の味を堪能しました。 


さ~て、次回はいよいよ真打ちの姫路城の登場です[exclamation×2]

どうぞお楽しみに…[手(パー)]


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 1

コダテタカユキ

ちょっとマニアックな感じでしたが(笑)、
「tochi」さん、niceありがとうございました。
明石と言えば、鯛とタコ。そして明石焼き。…それから穴子。
この市場ではすべて味わえます。 (^^)V
by コダテタカユキ (2015-09-21 00:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。