So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の1件 | -

魂の勝利! [スポーツ]

祝、ラグビー日本代表!

今日は何をおいても、これを語らずにはいられないっ。

(日付またいじゃいましたが…[たらーっ(汗)]

やった~。やってくれましたラグビー日本代表。 [手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]

エディージャパンは、ジャパンウェイを見事に世界に見せつけました[パンチ][ちっ(怒った顔)]

桜の刺繍を胸に、日本代表のフィフティーンはダイナミックに躍動全開[グッド(上向き矢印)]

桜の刺繍.jpg

何度も何度も叫びながら[あせあせ(飛び散る汗)]、テレビ画面[TV]にかじりつきました。

だいぶ昔に買った日本代表のラガージャージーを引っ張り出して、

桜の刺繍を胸につけて、僕も精一杯応援しました。 

さくらジャージー.jpg

こんな興奮[爆弾]は久しぶり。

…そして、ここまでの感動[もうやだ~(悲しい顔)]は久しぶり。

彼らの勝利[ぴかぴか(新しい)]は、決して奇跡じゃない。

4年間の血のにじむような努力の裏付けが、奇跡を必然にしたんだと思う。


対戦相手の南アフリカは現在世界3位の優勝候補。

サッカー[サッカー]で言うならば、日本代表がドイツ代表に勝ったようなもの。


ここからは、ちょっと熱く[パンチ]語らせてもらいますね。


一人一人の刺さるような低いタックル、

大男に対しての二人がかりの食らいつくような必死のタックル。

日本の納豆のような粘り強い絡みつくタックルが、

南アフリカの忍耐力を奪って冷静さを失わせ、ミスを誘発させた。

南アフリカのお株を奪うようなドライビングモールでのトライ。

五郎丸の正確無比なキック。

ファールなしの19回にわたる連続アタック。

残り2分でのまさかの南アフリカのシンビン(反則で一人退場)。

引き分けを狙うのではなく、あくまで勝利を狙う姿勢。

残り1分を切ったところでの5メートルスクラム。

歓喜のロスタイムでの逆転トライ。


スコアは、34対32。


24年間の思いを開花させた日本の勝利。


待望のワールドカップ二勝目を挙げたのでした。


ここで終わるのではなく、次のスコットランド戦も期待してるぜ[exclamation×2]

ありがとう、ラグビー日本代表!

ラグビー2015WC日本勝利.jpg


nice!(1)  コメント(1) 
前の1件 | - スポーツ ブログトップ