So-net無料ブログ作成
検索選択

ぶらっと久里浜…①(横須賀線の終わりを辿る) [旅]

先週のことですが、
辻堂での仕事が一段落し、昼で終わったので、
「こんな天気の良い日は海がみたい!」
と思い、千葉への直帰の予定を変更し、久里浜へ…。

実は、鶴見で乗り換えて海芝浦駅に行くか、
もしくは久里浜駅に行くか、と迷ったのですが、
「いつもお世話になっている横須賀線の終着駅を見たい」
という気持ちが強くなり、大船で乗り換えて久里浜に行くことに。

駅前の花.jpg
初めてJR久里浜駅に降り立ちましたが、
さすがに南国ですね…。
駅前には花畑がありました。

実は、JR久里浜駅よりも京急久里浜駅の方が栄えているので、
横須賀線の終着駅というターミナルステーションの華やかさはなく、
どちらかというと辺境感が漂っていました…(笑)。
久里浜駅.jpg
駅表示板.jpg
やっぱりこの表示版を見ると、
久里浜が終着駅だってことを実感します。
ここから先はもう駅がないんですよね~。

久里浜駅ホーム②.jpg
ホームの端から発車を待っている横須賀線をパチリ!
ここから千葉への長い長い旅が始まるのです。

千葉県人にとっては、
「逗子行き」や「久里浜行き」って表示は馴染み深いんですけど、
実際に久里浜まで来るかと言えば、ほとんどそんな機会はありません。
そんなわけで、僕はちょっとした感動でいっぱいでした…。

しかし、久里浜まで来たことの一番の目的である車止めには、
予想外なことにここでは出会えませんでした。
線路は、実はまだその先まで続いていたのです。
先の線路.jpg

…でも、ここまで来たら何としても横須賀線の最後を見届けたい!
そんな思いから、横須賀線の車止めを求めて線路脇を先へ進みました。

しばらく行くと、線路は単線になりました。
線路が光っているところを見ると、
ここまで電車が来ているようですね。
だんだんと車止めが近づいている感じが強まってきました。
同時に気持ちも高まっていきます…。
線路の先.jpg

さらに進んでいくと、踏切付近でこんな感じになりました。
車止め方向の線路.jpg
こりゃヤバイです。
草ぼうぼう状態です。
ここ数十年は使われている様子はもはやありません。
もはやちょっとしたジャングルですよね~。

車止め付近.jpg
これが横須賀線の最終地点です。
もう線路がありません。
しかし、肝心の車止めは草の中に埋もれてしまっています。
「その答えは、風の中さ…」というボブ・ディランの歌にもじれば、
「その答えは、自然の中さ…」って感じです。

いや~、驚きました。
横須賀線の終着地点は、自然にかき消されていたのです。
最終的にはフェンスで囲われ、固く閉ざされていました。
住宅街の中に隠れるように横須賀線は終わっていました。
線路終点.jpg
これで今回の一つの答えを得ることができました。
横須賀線の最終地点をこの目で確認することができました。
横須賀線は、最終的に自然の中に消えていくってことですね(笑)。

一つの目的を果たして満足した後で、
今度はもう一つの目的である久里浜の海へ…。
駅からは1キロ程でしょうか?
海に向かって歩きはじめました。
海辺の公園にあるペリー記念館というのも気になりました。

次回は、「ぶらっと久里浜…②」ということで、
海と食とペリーのレポートをしようと思ってます。
どうぞご期待あれ!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域